午後くらいから番組されていた、バラエティTVを見ました。今回は、全国のふと変わった物珍しい専用学園をやっていました。スペシャリストに就きたい顧客必見の導入比98%の専用学園や商売がくらし無くならないスペシャリスト校が登場していました。最初は、生き物の専用学園についてやっていました。次は、探偵に追い求める顧客が伺う専用学園についてやっていました。何故、その専用学園に通っているのかについて聞いていました。そして、探偵のテクをやっていました。ネクタイなどにもカメラがあるみたいなので、すごいなと思いました。見ても思い付かなと思いました。次は、ライブの専用学園についてやっていました。ジャグリングや魔法を学ぶ専用学園みたいです。道ライブもやっていました。しかし、暮らし2度目のライブなので間違えていました。そして、その人がスタジオに来ていました。魔法をやっていましたが今度は成功していました。

隣席の家庭にいる息子とおんなじ学年の実態一種下の子が、息子が所属しているプチバスケットボールに加入する腹づもりで、次回稽古の観戦にいくということを女から聞いた。おんなじ学年の子は、足が早く部門で最高の子です。息子は、通年前からプチバスケットボールを始めているから通年分の貯えがあるが、気を抜くと直ちに追いつかれそうな気もする。自主稽古の密度をあげ、敢然と練習したいなと思った。息子も取りこぼしられないと思っているようで、シャトルランとか5分間走では、取りこぼしたくないと言っていた。絶対に渡り合えるという強い心理を持って組稽古や自主稽古に、のぞんでくださいものである。それにしも、これでいよいよ3年生は5人間そろった。正直言うと同学年で7〜8人間ぐらいはいてほしい所だが、1組パイを同学年で取り付けることができるようになって安全です。下の学年も、少しづつ数が揃ってきた。息子が高学年になった時に、手強いチームになり、都フェスティバルにでれるようになれれば良いなと思った。

私はPCゲームを趣味でしています。もう13年ぐらいたちますが、過去同時にTVゲームもしていました。TVゲームは約25年したいましたが、ゲームグラフィックなどいろいろな作業の効率化を考えてPCの方に移行しました。昔は、「ニードフォース・スピード」シリーズやF1もののレースゲーム、「TOMBRAIDER」シリーズなどのアクションものをよく好んでしていましたが、最近のゲーム事情が、少し変わってきました。絶対にすることがなかったシミュレーションとRPGへのカテゴリーに興味を持ち始め、2015年冬、初めてRPGの「Fallout4」よ「ウィッチャー3」というタイトルのゲームを購入しました。購入したのは単純に人気があり、賞を受賞し、尚且つ興味本位での購入理由です。RPGというと、代表作では「ドラゴンクエストシリーズ」や「FFシリーズ」などがありますが、この手のものだと思っていざ遊んでみると、思っていたのと違いました。RPGでもFPSよりのアクションRPGでしょうか、初心者の私でも楽に遊ぶ事ができました。今はジャンルを増やして飽きが来ないよう日々ゲームを遊んでいます。